手作り民芸工芸品 駿河屋 経産大臣指定伝統工芸品「駿河竹千筋細工」のお店。

和風、洋風にも合うすっきりデザインの筒型行灯ですよ。

伝統的工芸品 駿河竹千筋細工 行灯 山吹

駿河竹千筋細工は、日本全国にある編む竹細工と違って、細い丸ひごをさして組み立てるとても繊細な竹細工です。

和風、洋風にも合うすっきりデザインの筒型行灯ですよ。

作り手の方としましては、丸という形は、胴乱に竹を巻き付けて曲げるので、作りやすい形です。
また、尺二寸(36cm)の長さのひごを曲げずに差し、たるまないようにしようとすると、中輪を入れるのが一番です。

とてもシンプルに作ってありますが、その分、バランスも良く、また飽きが来ない形ですね。

筒型は、「江戸の筒型行灯」でもご紹介していますように、古くから親しまれてきた和の形です。
また、シンプルなので、洋室でも面白いですね。

竹の色は、煤竹色に焼いてあります。塗りよりも安くでき、また竹の質感が充分伝わってきますよ。

一つ、欠点と言えば、軽いことです。
これは、良い点でもありますが、灯りの調整が、調光器ではなく、40ワットの電球と小さいナツメ球の切り替え式なので、切り替えるときにひもを引っ張ると、本体も一緒についてくることがあります。

この点は、本体を持って、引っ張ってもらえれば、大丈夫です。ぜひ、ご愛用下さいね。


●竹の縁の部分は、煤竹色に焼いてあります。「駿河竹千筋細工」の特徴である細い竹ひごは、とても繊細ですね。

●和紙ではなく、変色しにくく、また破れにくい、行灯専門紙を使っています。

●40ワットの電球と小さいナツメ球が付いていますので、枕元に置いて本を読んだり、お休みの時には、小玉を使ったりとご利用いただけますよ。

●取ッ手は付いていませんが、竹製品は軽いのでお掃除など持ち運びが便利ですね。


ちょっと古いですが、2001年秋、テレビ朝日系ドラマ、「科捜研の女」の主人公の部屋にレギュラー出演していましたよ。

テレビを見ていてびっくり!大好きな沢口靖子さんのお部屋に見慣れた行灯があるではありませんか。 舞台が京都ですし、和室には、お似合いと言うことなのでしょうか?しっくりしていました。

山吹

●筒型行灯 山吹

●作者 杉山 雅泰

●素材 竹。ラッカー仕上げ。行灯専用紙ワーロン使用
 縁の部分は、煤竹風の茶色、ひごは、白っぽい竹の色です

●照明部分 通常電球(40W)、ナツメ球(小玉)使用。ひもスイッチで切り替えます

●サイズ 170ミリ×高さ360ミリ

●説明書 「駿河竹千筋細工」しおり

●箱 カートン入り

●価格 20800円 

個 

●筒型行灯 山吹 大

●作者 杉山 雅泰

●素材 竹。ウレタン仕上げ。行灯専用紙ワーロン使用

●照明部分 通常電球(40W)調光器付き

●サイズ 直径 220ミリ×高さ600ミリ

●説明書 「駿河竹千筋細工」しおり
ご希望により、英文しおり

●箱 カートン入り

●価格 36180円


個 

●こんな時におすすめですよ!

インテリアに 和室、枕元で
洋室、サイドボード・ベッドの横で、テーブルランプとして
お茶室、待合い
お店で お寿司屋さん、おそば屋さん、和食レストラン、旅館、ホテルのロビー、客室、フロントなど
ご贈答に 新築祝い、棟上内祝、引越祝い、引越のご挨拶、
結婚祝い、結婚内祝、仲人さんへのお礼、還暦祝い、昇進祝い、母の日、父の日、
お中元、お歳暮、入学、卒業、内祝、出産、快気祝い、
海外へのおみやげ、伝統工芸大好きな方へ、
記念品に 都道府県、市町村等公共団体、結婚式、引き出物、葬祭、法要
その他 企業、政治団体、ゴルフコンペ等、各種大会、イベントのパーティ、宴会、ビンゴ、景品、表彰の副賞、ノベルティ、おみやげとして

手作り民芸工芸品 駿河屋 経産大臣指定伝統工芸品「駿河竹千筋細工」のお店。

杉山 雅泰 の[作品]には、虫篭、行灯、風鈴 などがあります。

大和虫籠 中、小

行灯 山吹

行灯 山吹

行灯 あさがお

行灯 あさがお

行灯 丸白糸

行灯 めかご

行灯 つくばね

行灯 夕映え

行灯 格子

和のあかり みやび

風鈴 釣鐘

風鈴 白糸

風鈴 清風

風鈴 金魚

風鈴 駿河

伝統的工芸品 
駿河竹千筋細工

由 来

職 人

できるまで

展示会のお知らせ

虫 籠

花 器

 行 灯

風 鈴

茶 器

ご意見ご希望などお待ちしています。
メールは、こちらへ

〒420-0068 静岡市葵区田町1−15
有限会社 竹工房はなぶさ 「するがや」係
TEL&FAX 054-273-0680  
担当、黒田 雅年