「するがたけせんすじざいく」のゆらい
「駿河竹千筋細工」の由来

「親孝行 するが第一 竹細工」と江戸時代より詠まれていたように、駿河(静岡県中部)の竹細工は、相当古くから親しまれてきました。

登呂遺跡古来より駿河の地には、良質の苦竹、淡竹が豊富で、弥生時代の登呂遺跡からの出土品の中に竹製のザルが発見されるなど生活用具として、しっかりと根差していたことが伺えます。  (登呂遺跡(とろいせき)について

大御所徳川家康公江戸時代初期(1607年)大御所徳川家康公が、将軍職を退き駿府城に入城すると、大好きな鷹狩りのための餌箱を鷹匠同心たちに竹細工で作らせ、これが「駿河竹千筋細工」の始まりと言われています。  (徳川家康公について

また、「駿図雑志」 によると、元和9年(1623年)3月8日、江戸城西の丸にお
いて催された花見の席で、天海大僧正が、昼寝をしたときの枕が、駿
河名物の「竹細工篭枕」となっております。なお、徳川家康公は、元和
2年(1616年)に亡くなっています。 による上、元和9年(1623年)3月8日、江戸城西の丸において催された花見の席で天海大僧正が、昼寝をしたときの枕が、駿河名物の「竹細工篭枕」となっております。   (天海大僧正ついて

駿府城その後、寛永年間(1630年代)には、既に府中七間町(静岡市七間町)に竹細工の枕、虫篭、絵筆、花篭、硯箱を売る店があったと「駿河国新風土記」にも書かれているように、当時竹細工は、武士の内職にもなっていました。

俳人鬼貫(1661〜1738)が、「虫篭を買うて裾野に 向かいけり」と詠んでいますように、中でも虫篭が人気が高かったようです。

そしてこのころ江戸の武士たちの間で藤の編笠が流行していましたが、藤が高かったことからこの代用品として、駿府城代付草深同心、芹沢喜右観門、松井粂之進、日下部菊之進というものたちが、苦心研究の末、竹で編んだ笠を製造したところ、これが値段も安かった所から武士、町人を問わずあっと言う間に広まりました。

そしてそのころ10人ほどであった職人も40人以上にも増えたほどで、武士の内職であった「駿河竹細工」もこうして駿河の名産品となりました。
左画像〜府中名物竹細工

しかし単なる竹細工が、.「駿河竹千筋細工」として今日のような精巧なものになったのは、天保年間のことです。
天保11年(1840年)岡崎の藩士、菅沼一我が、諸国行脚の途中、駿河の 「はなや」という宿屋に泊まった際、その宿屋の息子、清水猪兵衛に技術を教えました。清水猪兵衛は、山本安兵衛、佐藤吉右衛門とともに門弟を多数育て、今までより数段繊細な菓子器、虫篭、花器等を作り広めました。

明治6年(1873年)「駿河竹千筋細工」は、明治新政府の海外貿易政策により日本の特産品としてウィーン国際博覧会に出品され、竹ひごの繊細な雰囲気、妙技は西洋諸国の特産品を凌ぐ好評を博し、これを契機に多くの製品が海外に輸出されました。

その後、益々技術も洗練され、時代のニーズにも敏感に対応しながら昭和初期には、たばこ盆、菓子器、筆入れなどが総て漆によって塗られ国内、海外などで好評を博しました。

昭和40年頃には、静岡・清水には、約200件の竹職人がいたそうです。現在は、その約10分の一の20件ほどしか残っていません。
そのころまでは、静岡の竹細工は、アメリカなどに輸出されていましたが、ドルショックで、1ドルが360円から200円くらいになったときに大部分の職人はやめてしまったようです。
当時の職人は、輸出問屋さんの仕事を主にやっていました。その問屋さんがつぶれたので、職人も次々にやめてしまいました。

昭和51年に伝統工芸品に指定されてからは、問屋さんに頼るだけでなく自分で商品開発して販売する職人も増えてきました。

静岡市は、昭和15年の静岡大火、20年の空襲で焼け、古い工芸品がなかなか残っていませんが数年前、京都の方から明治時代の「駿河竹千筋細工」を譲っていただきました。今より、さらに繊細な細工です。

昭和51年通産大 臣により伝統的工芸品に指定されています。

ひとことどうぞ

伝統的工芸品 
駿河竹千筋細工

由 来

職 人

できるまで

展示会のお知らせ

虫 籠

花 器

 行 灯

風 鈴

茶 器

ご問い合わせはこちらまで! ご意見ご希望などお待ちしています。

〒420−0068 静岡市葵区田町1丁目15番地
有限会社 竹工房はなぶさ →地図は、こちら
TEL,FAX 054-273-0680 担当、黒田 雅年